皇太子役はソンモ(超新星)&カンイン(SUPER JUNIOR)のWキャスト 韓国『ミュージカル 宮(クン)』記者会見 - 2012年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
kun01s.jpg

▲ カンイン(左)とソンモ

拡大する

このほかの写真も見る

昨年、京都と東京で上演され好評を博した『ミュージカル 宮(クン)』が、9月1日(土)より早くも再演を果たす。 同公演に先立ち、都内にて記者会見が行われ、主役を演じるソンモ(超新星)、カンイン(SUPER JUNIOR)、演出のソン・ビョンジュンが登壇した。

原作は韓国の人気少女漫画で、2006年に放送されたTVドラマ版「宮 〜Love in Palace」は最高視聴率28.8%を記録し、世界23カ国で大ヒット。10年にミュージカル化され、皇太子役をユンホ(東方神起)、キム・キュジョン(SS501)、ソンモ(超新星)など、人気K-POPスターが務め話題となった。

「もしも、韓国にまだ皇室が存在していたら……」という斬新な設定のもと、皇太子イ・シンと普通の女子高生チェギョンが結婚したことで起こるさまざまな事件を、コミカルかつロマンチックに描くラブストーリー。韓国の伝統美を活かした美しい衣裳や、ヒップホップダンスなどの見どころに加え、新たに追加されたミュージカルナンバー、全面リニューアルされた豪華セットも楽しみだ。

皇太子シンに扮するのは、前回に引き続き出演する「超新星」ソンモと、「SUPER JUNIOR」のメンバーで、4月に軍服務を終え、活動を再開したカンインがWキャストで演じる。

登壇者のコメントは以下の通り。

ソン・ビョンジュン(演出・脚色)
韓国から一番近い、兄弟の国と言われる日本で『ミュージカル 宮』がたくさん愛されて、本当に感謝しています。ソンモくんは前回も出演してくれたのですが、今回の初練習の時、せりふを忘れることなくすべて覚えてくれていたので、優れた記憶力の持ち主だなぁと感心しました。また俳優としてもすごい才能があるんじゃないかなと思いました。カンインくんはポジティブで明るい性格です。彼のそんな考え方と自信をもって演じる姿勢が舞台の上で誰よりも輝くと信じています。観終わった後、心の中に深い感動や温かい愛情を持って帰っていただけるような作品にしたいと考えています。

ソンモ イ・シン(皇太子)役 *Wキャスト
たくさんのファンから「また『宮』に出演して欲しい」とお願いをされていたので、今回その約束を守れて良かったです。イ・シンを演じるのは2回目なので、少し余裕もあると思うし、去年よりレベルアップしたステージをお見せしたいと思っています。カンインさんとは、以前から食事に行ったりもしていましたが、同じ作品に出演するのは初めてです。一緒に参加することができて本当にうれしいですし、先輩なのでいろいろ教えてもらっています。一番大切なのは、ファンの皆さんが楽しいと感じることだと思うので、アドリブや超新星の曲を歌う準備もしています! 楽しみにしていてください。

カンイン イ・シン(皇太子)役 *Wキャスト
日本でのソロの活動は今回が初めてなので、期待と同時に不安もありますが、その分、とても努力をしています。同じ台本、同じ環境でも、演じる俳優さんによってそれぞれキャラクターが違ってくると思いますが、僕のイ・シンは少し強いイメージになるのではないかな?と感じています。共演者の皆さんも「カンインさんのシンは強い感じが出ているね」と言ってくれています。ソンモくんとはこの作品がきっかけでさらに親しくなれました。彼は礼儀正しくて、俳優としても歌手としても素晴らしい人ですし、練習が終わった後は、本当の弟のように接してくれるのでとても可愛いです。しっかりコンディションを整えて、初日から僕のいい演技・いい姿を皆さまにお見せしたいと思います。

この記事の写真

  • kun01.jpg
  • kun02.jpg
  • kun03.jpg
  • kun04.jpg
  • kun05.jpg

 

インフォメーション

『ミュージカル 宮』

【スタッフ】原作=パク・ソヒ 演出・脚色=ソン・ビョンジュン 音楽=ハウル
【キャスト】ソンモ(超新星)、カンイン(SUPER JUNIOR)/チャン・ユジュン、ソン・ウォングン ほか *一部Wキャスト

2012年9月1日(土)〜13日(木)
・劇場=ゆうぽうとホール
・料金=全席指定S席12,000円/A席9,000円
・お問い合わせ=GMP TEL.03-3449-5335

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4619