市川染五郎が11月まで休演 - 2012年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台から転落し、ケガで入院中の歌舞伎俳優・市川染五郎が、10月の新橋演舞場公演と11月の国立劇場公演を休演することとなった。

染五郎は、8月27日の公演中に舞台のセリから転落。右側頭部などを強打し、都内の病院に入院した。30日に、骨折した右手首の手術を受けた後、現在は集中治療室から一般病棟に移っているという。しかし、全治まではしばらくの期間が必要と判断し、今回の休演決定に至った。

新橋演舞場10月公演の昼の部『国性爺合戦』の甘輝は中村梅玉、『勧進帳』の義経は坂田藤十郎が、夜の部『曽我綉侠御所染』の御所五郎蔵は梅玉が、それぞれ代役を務める。国立劇場11月公演の代役は近日中に発表される。

過去の関連記事

» 2012/8/28|市川染五郎が公演中にケガ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4630