黒沢あすかが病気のため劇団、本谷有希子公演『遭難、』を降板 代役は菅原永二 - 2012年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「劇団、本谷有希子」が、第16回公演『遭難、』に出演を予定していた黒沢あすかの降板を発表した。

劇団公式サイトによると、黒沢は稽古中に体調を崩し、医師より「突発的末梢性眩暈症(とっぱつてきまっしょうせいめまいしょう)」との診断を受けたという。

黒沢の降板を受け、女教師・里見役に新たに迎えるのは、菅原永二。作・演出の本谷有希子は、「男の人の体を通すことでしか、浮かび上がらせることのできない女の何かがある」「かなり大荒れの冒険が予想されますが、その分エンディングにたどり着いた時の喜びを想像するだけで今から楽しみ」「このギャンブルに近いキャスティングが結果的に正解だったね、と言ってもらえる舞台を作ることをここにお約束します」と意気込みを見せている。

チケットの払い戻しについては、後日発表される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4641