立川談志の未公開の高座&ドキュメンタリー映像を上映 一周忌に合わせ「映画 立川談志」が公開 - 2012年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「映画 立川談志」ビジュアル

拡大する

昨年11月に亡くなった落語家・立川談志の高座とドキュメンタリー映像が、一周忌追善プロジェクト「映画 立川談志」としてスクリーンで上映される。

“人間の業の肯定”“イリュージョン”“江戸の風が吹く”など、独自の落語哲学で、落語界に多大なる影響を与えた談志。今回、上映される演目は、イリュージョン落語の代名詞『やかん』(05年10月12日 国立演芸場)と、談志十八番の一つに数えられる『芝浜』(06年12月2日 三鷹市公会堂)という、DVD未収録の映像だ。

さらに、2席の上映前後に未公開のドキュメンタリー映像(ナレーション=柄本明)を盛り込み、談志の落語哲学に迫る。

インフォメーション

一周忌追善プロジェクト
スクリーンで観る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー
「映画 立川談志」

【スタッフ】監督=加藤たけし
【キャスト】五代目立川談志 ナレーション=柄本明

2012年12月8日(土)から東劇、なんばパークスシネマにて先行上映
2013年1月12日(土)から全国公開

配給:松竹

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4654