早乙女太一が公演中にけが 左かかと骨折で全治3カ月 - 2012年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

早乙女太一が、18日、日本橋劇場で行われていた『劇団朱雀 特別公演』の本番中に負傷。同公演を降板することとなった。

公式サイトでの報告によると、高さ3.5mの2階桟敷席から舞台に向かって飛び降りた際に、左かかとを骨折。病院に搬送され、全治3カ月の診断を受けたという。

21日(金)までの公演は続行。自身の公式ブログで早乙女は、「大変ご迷惑をかけて本当に申し訳ありません。少しでも早く治せるよう十分安静にします」と謝罪のコメントを発表している。

また、26日(水)より東京国際フォーラム ホールCにて始まる舞台『MOON SAGA〜義経秘伝〜』と、以降に行われる秋の全国ツアー公演については順次発表される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4660