蜷川幸雄演出「彩の国シェイクスピア・シリーズ」第27弾は、吉田鋼太郎&松坂桃李出演『ヘンリー四世』 - 2012年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

蜷川幸雄がシェイクスピア作品、全37作を手掛ける「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の第27弾は『ヘンリー四世』に決定。来年4月に上演される。

本作は、2部作に及ぶ壮大な歴史物語だが、今回の上演では、河合祥一郎の構成で本の作品として送る。

自堕落ながら機知に富んだ、老騎士フォールスタッフ役を務めるのは吉田鋼太郎。後に英雄ヘンリー五世へと成長していくハル王子を、蜷川作品初出演となる松坂桃李が演じる。

インフォメーション

彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾
『ヘンリー四世』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 翻訳=松岡和子 構成=河合祥一郎 演出=蜷川幸雄
【キャスト】吉田鋼太郎/松坂桃李 ほか

2013年4月公演予定
・会場=彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4670