俳優の大滝秀治さんが死去 - 2012年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

劇団民藝代表で俳優の大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが、2日、肺扁平上皮がんのため都内の自宅で死去した。87歳だった。

東京都出身。1948年に、民衆芸術劇場(第1次民芸)付属養成所に入所。49年に『風の吹く一幕』で初舞台を踏み、50年の劇団民藝創立に研究生として参加した。70年の『審判』で紀伊国屋演劇賞を受賞。民藝の看板俳優として幅広く活躍した。

05年には『巨匠』と『浅草物語』で読売演劇大賞及び最優秀男優賞を、10年には『らくだ』で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、数々の賞に輝く。88年に紫綬褒章を受章。11年には文化功労者に選ばれた。

テレビドラマ「特捜最前線」をはじめ、市川崑監督や伊丹十三監督の映画などで、味のある芝居を見せ独特の存在感を発揮。多くの作品で名脇役として親しまれた。

今年2月ごろより体調を崩し、6月の民藝公演を降板し入院。その後、病状は安定し自宅療養を続けていたという。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4699