オスカー俳優トム・ハンクスが、ノーラ・エフロン脚本の舞台で来年ブロードウェイ・デビュー - 2012年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

アメリカの人気俳優トム・ハンクスが、来年春にブロードウェイの舞台『Luky Guy』に出演することが決定。アカデミー主演男優賞に2度輝くなど、映画界では大きな活躍を見せるハンクスだが、ブロードウェイの舞台に立つのはこれが初となる。

脚本は、ハンクスの出演作「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」などを手掛け、今年6月に逝去したノーラ・エフロン監督によるもの。ハンクスは、ピュリツァー賞を受賞したジャーナリストのマイク・マカラリーに扮するという。

演出を担うのは、『エンジェルス・イン・アメリカ』や『Topdog / Underdog』などで知られるジョージ・C・ウルフ。

ブロードハースト・シアターにて、来年3月1日(金)からプレビューを開始し、4月1日(月)に開幕予定。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4717