野村萬斎版『マクベス』が新演出で再演 大阪、ソウル、ニューヨーク公演も実施 - 2012年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

野村萬斎が構成・演出を手掛け、10年に上演された『マクベス』が、来年2・3月に世田谷パブリックシアターにて再演される。

本作は、『まちがいの狂言』(「間違いの喜劇」)、『国盗人』(「リチャード三世」)に続き萬斎が、シェイクスピア作品を狂言の発想を用いた手法で表現した舞台。

キャストは、タイトルロールを演じる萬斎のほか、夫人役の秋山菜津子、高田恵篤、福士惠二、小林桂太と初演と同じ顔ぶれ。今回は、大阪、ソウル、ニューヨークを含む4都市で、新演出版としてよみがえる。

インフォメーション

『マクベス』

【スタッフ】原作=W.シェイクスピア 翻訳=河合祥一郎 構成・演出=野村萬斎
【キャスト】秋山菜津子/小林桂太/高田恵篤/野村萬斎/福士惠二

2013年2月22日(金)〜3月4日(月)
*プレビュー公演:2月22日(金)・23日(土)
・会場=世田谷パブリックシアター
・一般前売=12月9日(日)開始
・料金=全席指定S席6,500円/A席5,000円
*プレビュー公演:S席5,500円/A席4,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4723