宝塚歌劇団初の台湾公演は、柚希礼音ら星組が3演目を上演 - 2012年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、19日、来年4月に予定している台湾公演の演目を発表した。

これまでに通算24回、16カ国、のべ128カ所で海外公演を実施してきた同歌劇団だが、台湾での公演はこれが初。今回は、柚希礼音&夢咲ねね率いる星組が、舞踊ファンタジー『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』、ミュージカル『怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝−花盗人(はなぬすびと)−』、グランド・レビュー『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』の3作品を上演する。

『宝塚ジャポニズム』は、能楽の基礎の概念を取り入れた日本物ショー。専科の松本悠里も特別出演する。

『怪盗楚留香』は、台湾でおなじみの人気小説を題材としたミュージカル。“台湾のアルセーヌ・ルパン”とも言われる人気キャラクターの怪盗・楚留香を、同歌劇団ならではの華やかな演出で描く。

そして、『Étoile〜』は、夜空の星々が織りなす、星座の神話をイメージしたゴージャスなレビューだ。

なお、これらの作品は、本公演に先立ち、3月に中日劇場でも上演される。

インフォメーション

宝塚歌劇星組
舞踊ファンタジー
『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』
ミュージカル
『怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝−花盗人(はなぬすびと)−』
古龍作「楚留香新傅」風雲時代出版社刊より
グランド・レビュー
『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』

【スタッフ】『宝塚ジャポニズム』作・演出=植田紳爾 『怪盗楚留香〜』脚本・演出=小柳奈穂子 『Etoile〜』作・演出=藤井大介
【キャスト】柚希礼音/夢咲ねね ほか

愛知公演
2013年3月8日(金)〜3月14日(木)
・会場=中日劇場

台湾公演
2013年4月6日(土)〜14日(月)
・会場=国立中正文化中心 台北国家戯劇院

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4740