野田秀樹&三谷幸喜の初顔合わせが実現 『おのれナポレオン』が来年春に上演 - 2012年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『おのれナポレオン』ビジュアル 野田秀樹(左)と三谷幸喜

▲ 野田秀樹(左)と三谷幸喜

拡大する

野田秀樹と三谷幸喜という、演劇界のトップランナー二人の初顔合わせで送る舞台『おのれナポレオン L'honneur de Napoléon』が、東京芸術劇場 プレイハウスにて来年春に上演される。

04年に三谷が脚本を執筆した大河ドラマ「新選組!」で、野田が勝海舟を演じたことを機に親交を深めてきたという二人。09年に野田が東京芸術劇場の芸術監督に就任した際には、三谷に「芸劇がお客さまでにぎわい、演劇界の活性化のためにも、自分もできることはするので、三谷さんの力をぜひとも貸してほしい」と直接思いを伝えたという。そして来年、いよいよ彼らのタッグが実現。野田が、自ら作・演出をしない舞台に出演するのはこれが初めてだという。

宮本武蔵と佐々木小次郎、太宰治、ミヤコ蝶々など、これまでにさまざまな偉人・著名人たちの誰も想像しなかった一面を描いてきた三谷。今回、彼が野田にあてて選んだ人物は、ナポレオン・ボナパルトだ。“フランスの英雄”と語られながらも、最期には追放され謎多き死を遂げたナポレオン。「おのれナポレオン」と殺意を胸に抱く者たちと、その一方で「ナポレオンの名誉 L'honneur de Napoléon」をかけて、その企てに立ち向かう者たち。そして、ナポレオン自身が仕掛ける一世一代のたくらみとは……。

共演には天海祐希、山本耕史、浅利陽介、今井朋彦、内野聖陽と豪華なメンバーを迎え、ナポレオンの生涯に隠された真実を描きだす。

インフォメーション

『おのれナポレオン L'honneur de Napoléon』

【スタッフ】作・演出=三谷幸喜
【キャスト】野田秀樹/天海祐希/山本耕史/浅利陽介/今井朋彦/内野聖陽

2013年4〜5月
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス
・一般前売=1月26日(土)開始予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4771