宝塚歴代キャストの豪華共演 『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』が開幕 - 2012年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』開幕1 一路真輝

▲ 一路真輝

拡大する

『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』開幕2 花總まり(手前)と一路真輝

▲ 花總まり(手前)と一路真輝

拡大する

『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』開幕3

拡大する

撮影:村尾昌美

このほかの写真も見る

宝塚歌劇団のOG、現役生が出演する『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』が6日に開幕。初日に先立ち、公開舞台稽古が行われた。

黄泉の帝王トートと皇后エリザベートの愛を描いたウィーン発のミュージカル『エリザベート』は、1996年に一路真輝&花總まりを中心とする宝塚歌劇団雪組によって日本初演。以後、星組(96年)、宙組(98年)、花組(02年)、月組(05年)、雪組(07年)、月組(09年)と上演を重ね、宝塚歌劇を代表する演目として人気を博している。

ウィーン初演から20年のメモリアルイヤーとなる今年、宝塚版エリザベートの歴代キャストを中心にしたコンサートバージョンとして上演されるのが、本作『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』だ。公開舞台稽古ではトート役の一路、エリザベート役の花總のほか、高嶺ふぶき(フランツ・ヨーゼフ役)、轟悠(ルイジ・ルキーニ役)、香寿たつき(ルドルフ役)、朱未知留(ゾフィー役)といった初演キャストが出演し、初演以上にパワーアップしたパフォーマンスで客席を沸かせた。

歴代キャストを中心としたメンバーの、役替わり出演も本作の見どころの一つ。公開舞台稽古後には、トート役5名・エリザベート役3名が出席しての囲み取材が行われた。主なコメントは以下の通り。

【トート役】

一路真輝
初演バージョンを演じるということで、プレッシャーもありました。新たな作品を上演するという気持ちとタイムマシンで戻ったような気持ちと両方あります。退団から16年経っているので、アンチエイジング面など、いろいろ大目に見ていただければと思います(笑)。

姿月あさと
10周年のガラコンサート(06年)に出演しましたが、その時とは出演者も変わっているので、とても楽しみです。

彩輝なお
何度か演じさせていただいていますが、今、感じていることを大切に演じたいと思っています。

春野寿美礼
今までいろいろな形でやらせていただいていますが、今回もトートやほかの登場人物がとても魅力的な人物としてでき上がっています。一緒にやっているのを観てもほかの人が演じているのを観てもとても魅力的だと思います。どこまでもエリザベートを愛し抜こうと思っています。

紫苑ゆう(特別出演)
ミュージカルをやる前から大好きだった作品で、私が退団してから宝塚で上演することが決まった作品なので、宝塚時代に出演することができず、とても心残りでした。そんな作品に出演できて、今、すべてが夢のようです! 一から勉強したので、とても大変でした(笑)。

【エリザベート役】

花總まり
再演と言うよりは、新しい作品として、もう一度エリザベートという女性を新鮮な気持ちで演じたいと思います。

大鳥れい
2回目ですが、新たな気持ちで頑張りたいと思います。現役時代は必死な思いで演じていましたが、今回あらためて私なりのエリザベートを演じたいと思っています。

白羽ゆり
私も現役時代は必死でした。今回、新しく見えてきた部分をいろいろなキャストの方々とご一緒に演じられるので頑張りたいと思います。

インフォメーション


大阪公演
2012年11月25日(日)〜12月3日(月)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・チケット発売中
・料金=全席指定S席12,500円/A席8,000円/B席5,000円

過去の関連記事

» 2012/7/2|一路真輝、花總まりら宝塚の歴代キャストが豪華集結 「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」が11・12月に開催

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4789