朝海ひかる、石井一孝出演のミュージカル『天翔ける風に』が来年6月にシアタークリエで上演 - 2012年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

謝珠栄が演出・振付を手掛けるミュージカル『天翔ける風に』が、来年6月にシアタークリエで上演される。

本作は、ドストエフスキーの「罪と罰」を原作にした、野田秀樹の戯曲『贋作・罪と罰』をミュージカル化したもの。設定を帝政ロシアから日本の幕末に、主人公も女性に置き換え、変革のうねりの中で理想を求め生きる人びとの姿を描く。

謝珠栄ら「TSミュージカルファンデーション」の公演として、01年に香寿たつきの主演で初演。03年、09年の再演に続き、新たに朝海ひかる&石井一孝らをキャストに迎えてシアタークリエに登場する。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4793