11月25日放送の「ETV特集」で鄭義信に密着 - 2012年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

NHK-Eテレで毎週日曜に放送されているドキュメンタリー番組「ETV特集」。11月25日(日)の放送では、「日韓・記憶のシナリオ」と題し、劇作・演出家の鄭義信にスポットを当てる。

領土問題をめぐり日韓関係の緊張が高まる中、日韓の歴史に正面から向き合い舞台を作る鄭義信。今月開幕した最新作『ぼくに炎の戦車を』は、1920年代の日本統治下の朝鮮半島を舞台にした作品だ。

番組では、同作の夏の稽古開始から初日を迎えるまでの現場に密着。日本人と韓国人の壁を乗り越え、どのように一つの作品を作り上げて行くのか。鄭と草なぎ剛、チャ・スンウォンら俳優たちの葛藤に迫る。

放送は、11月25日(日)22:00〜23:00。12月1日(土)深夜0:50から再放送。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4815