植草克秀が青山劇場に登場 舞台『ドリームジャンボ宝ぶね』が来年1月に上演 - 2012年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『ドリームジャンボ宝ぶね』ロゴ拡大する

植草克秀が主演を務める舞台『ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜』が、来年1月6日(日)より、青山劇場にて上演される。

青山劇場といえば、植草ら少年隊主演の『PLAYZONE』が、86年から23年間にわたり毎年上演されていた劇場。今回、植草が、そんな“ホーム”とも言える同劇場に、主演舞台を引っさげ久々に登場する。

本作では、シェイクスピアの名作『夏の夜の夢』を、明治時代の日本の物語へと大胆にアレンジ。妖精パックは、座敷わらしに置き換えられ、パックに魔法のほれ薬を塗られてしまうのは、伊藤博文、井上馨、後藤象二郎、板垣退助ら偉人たちという設定だ。

伊藤博文役の植草のほか、篤姫役の紫吹淳や座敷わらし役の左とん平、鳥居みゆき、久野綾希子、矢崎広などバラエティー豊かなメンバーが、歌あり、芝居あり、コントあり、ライブありのエンターテインメントステージを送る。

インフォメーション


大阪公演
2013年1月26日(土)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・一般前売=12月8日(土)開始
・料金=全席指定S席9,000円/A席4,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4823