新垣里沙、青木玄徳、忍成修吾らの出演で「絶対彼氏。」を舞台化 - 2012年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
舞台『絶対彼氏。』左から新垣里沙、青木玄徳、忍成修吾

▲ 左から新垣里沙、青木玄徳、忍成修吾

拡大する

渡瀬悠宇の人気コミック「絶対彼氏。」の舞台版が、来年3月に、THEATRE1010にて上演される。

原作は、小学館「少女コミック」にて連載されていた少女漫画。いつも失恋してばかりの井沢リイコと人間そっくりのロボット“理想の恋人フィギュア”の天城ナイト、そして、リイコの幼なじみ・浅元ソウシの3人の恋愛模様が描かれるラブコメディーで、08年にはフジテレビで、今年には台湾でもテレビドラマ化されている人気作だ。

キャストには、主人公・リイコ役を務める新垣里沙をはじめ、ナイト役の青木玄徳、ソウシ役の忍成修吾といったメンバーがそろう。脚本・演出を手掛けるのは菅野臣太朗。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4828