宮藤官九郎×阿部サダヲ×水田伸生の顔合わせが再び 映画「謝罪の王様」が来年9月に公開 - 2012年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

映画「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」を送り出した、宮藤官九郎(脚本)×阿部サダヲ(主演)×水田伸生(監督)のトリオが三たび集結。映画「謝罪の王様」が、13年9月に公開される。

阿部が演じるのは、謝ることを職業とした“謝罪師”の黒島譲。ケンカの仲裁のような小さなトラブルから、政府を巻き込んだ国家存亡の危機まで、謝罪のテクニックを駆使して解決し、ついには土下座を超えた“究極の謝罪”で日本を救うという、ブラックな社会風刺コメディーだ。物語は、“謝罪”をキーワードに大小さまざまな6つのエピソードで構成。これらのストーリーが最終的に、一つの物語となり、“解決”へとつながっていくという。

宮藤は、水田監督から「風刺喜劇をやりませんか?」と声を掛けられ、脚本執筆に着手したが、「現実社会のめまぐるしい変化に追いつけなくなった」と苦労したようだ。しかし、「何が起こっているかは分からないけれど、テレビを点けるといつも誰かが謝っている。中には“それ、謝る必要ある?”というケースも」。そこで「“謝る”ことをテーマにコメディーを書いたら風刺になるんじゃないか? そう思って、一気に書き上げました」と語っている。また、阿部が“ツッコミ”役に徹しているのも見どころとのことだ。

ヒロインを演じるのは、現在公開中の「綱引いちゃった!」で水田監督とタッグを組んだ井上真央。このほかキャストには、岡田将生、尾野真千子、高橋克実、松雪泰子、竹野内豊、荒川良々、濱田岳、小野武彦、濱田マリとバラエティー豊かな面々がそろう。

公開は、13年9月28日(土)を予定。

インフォメーション

映画「謝罪の王様」

【スタッフ】脚本=宮藤官九郎 監督=水田伸生
【キャスト】阿部サダヲ/井上真央/岡田将生/尾野真千子/高橋克実/松雪泰子/竹野内豊/荒川良々/濱田岳/小野武彦/濱田マリ

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4847