倉持裕脚本×宮本亜門演出『ISAMU』プレ公演が高松で開催 - 2012年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宮本亜門が演出を手掛ける新作『ISAMU』のプレ公演が、来年1月に香川県・サンポートホール高松にて行われる。

“地球を彫刻した男”と呼ばれた20世紀を代表する現代彫刻家の一人として、また、画家、インテリアデザイナー、造形家・作庭家、舞台芸術家として、数多くの作品を世界中に残したイサム・ノグチを題材とした本作。宮本が、約3年の時間を掛けて創作している作品だ。

昨年11月に実施されたリーディング公演に続く、今回のプレ公演。脚本には、劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」の倉持裕を迎え、イサムがアトリエを構えたゆかりの地である高松で公演を行う。

なお、同作は来年開催される「第2回瀬戸内国際芸術祭」の期間中、同劇場で本公演を行う予定だ。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4853