皇太子殿下ご臨席の映画「レ・ミゼラブル」特別チャリティー試写会にヒュー・ジャックマンらが再来日 - 2012年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
皇太子殿下ご臨席 映画「レ・ミゼラブル」特別チャリティー試写会1

拡大する

皇太子殿下ご臨席 映画「レ・ミゼラブル」特別チャリティー試写会2

拡大する

皇太子殿下ご臨席の映画「レ・ミゼラブル」特別チャリティー試写会が、18日に都内で開催された。これに敬意を表し、主演のヒュー・ジャックマン、トム・フーパー監督、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュが、同試写会のために緊急再来日した。

皇太子殿下がロビーにご入場された際には、ジャックマン、フーパー監督、マッキントッシュがお出迎え。ジャックマンは「ヒュー・ジャックマンです」と日本語であいさつし、皇太子殿下と握手を交した。その後会場で、ジャックマンは、皇太子殿下の隣に着席。一緒に映画を鑑賞した。

ヒュー・ジャックマン 舞台あいさつ
「こんにちは! 私は日本に来られてとてもうれしいです」(ここまで日本語)
トム・フーパー監督、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュと一緒に日本に来られたこと、また、皇太子殿下のご臨席をたまわり、とてもうれしく思っております。
私には日本で3つの夢があり、それを実現できました。1つ目は、12歳の息子と富士山に登頂できたこと。2つ目は、ミュージカル映画に出演できたこと。それもアカデミー賞監督の「レ・ミゼラブル」に参加でき、うれしく思います。3つ目は夢というより大変光栄なことになりますが、皇太子殿下とご一緒にこの映画を見られることです。
「(日本語で)ありがとうございます」

【試写会に出席してみて】
皇太子殿下とお会いして、一緒に本作を見ることができ、大変光栄です。また、皇太子殿下は慈善活動もされている素晴らしい方で、今日のことは本当に忘れられない経験になりました。

【皇太子殿下とはどのようなことを話しましたか?】
日本語でいくつかあいさつさせていただき、皇太子殿下からも上手に話せているとOKをいただきました。殿下は、若いころに「レ・ミゼラブル」の原作を読んで、舞台も観ておられたと話されていました。忙しくて映画をあまり見られないけれど「この映画は素晴らしく興奮した」と、おっしゃっていただきました。

【「ゴールデングローブ賞」主演男優賞ノミネートおめでとうございます】
「(日本語で)ありがとうございます!」
この作品でノミネートされたことは本当にうれしい。ハリウッドで、ミュージカル映画を成功させることは難しいけれど、この作品がきちんと認知されてうれしいです。これからもミュージカル映画がたくさん作られることを望みます。そして、この感動的で人の心を動かせる作品に出演できたことをうれしく思います。

また、マッキントッシュは、皇太子殿下よりたまわった「素晴らしい映画を見させていただきました。感動いたしました」との言葉に、「来年は舞台のほうもありますので、そちらもご覧ください」と返していた。そして、皇太子殿下とフーパー監督は、同じオックスフォード大学出身ということで、大学時代の思い出を語り合っていた。

インフォメーション

映画「レ・ミゼラブル」

【スタッフ】監督=トム・フーパー 製作=キャメロン・マッキントッシュ 作=アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンブルク
【キャスト】ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/アン・ハサウェイ/アマンダ・セイフライド/エディ・レッドメイン/ヘレナ・ボナム=カーター/サシャ・バロン・コーエン ほか

12月21日(金)TOHOシネマズ 日劇 ほか全国ロードショー

配給:東宝東和
© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4881