ニコニコミュージカル第10弾が3月に開催決定 人気ボーカロイド楽曲「千本桜」を加藤和樹主演でミュージカル化 - 2013年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「ニコニコ動画」などを運営するドワンゴが主催する「ニコニコミュージカル」の第10弾が開催決定。人気ボーカロイド楽曲「千本桜」を加藤和樹主演でミュージカル化する。

原作は、黒うさPがアプリケーション「ボーカロイド 初音ミク」を用いて制作した楽曲。10〜20代から大きな支持を集め、再生回数は480万回を記録するヒット作だ。黒うさPの「カンタレラ」も、11年と12年にもニコニコミュージカルとして舞台化されている。

本作では、楽曲の世界観を基にオリジナルストーリーを構築。加藤が演じるボーカロイド「KAITO」こと青音海斗のほか、初音未来(初音ミク)、朱音鳴子(MEIKO)、鏡音鈴・錬(鏡音リン・レン)、巡音流歌(巡音ルカ)ら、ボーカロイドシリーズのキャラクターたちが、西暦2011年、和暦大正100年という、今もなお大正時代が続く平行世界に登場。世界大戦や異常気象、大災害から復興した帝都「桜京」を舞台に、帝都の象徴「千本桜」をめぐる陰謀に巻き込まれる、若き軍人・海斗らの物語を描く。

未来役などのキャストについては、10日(木)に行われる記者会見で発表される。

【追記:2013/1/11】

初音未来役の石田晴香ほかキャストを追記

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4912