ジョージ・バーナード・ショーの戯曲を笹本玲奈主演×鵜山仁演出で上演 『聖女 ジャンヌ・ダルク』が9月に公演 - 2013年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

笹本玲奈主演の舞台『聖女 ジャンヌ・ダルク』が、9月に世田谷パブリックシアターにて上演される。

本作は、『ピグマリオン』などで知られる、ノーベル文学賞受賞作家ジョージ・バーナード・ショーが、1923年に発表した戯曲。日本では、26年に土方与志による演出で築地小劇場にて初演されている。

今回は、鵜山仁が演出を担当。イギリスとの百年戦争でフランスの救世主として称えられながらも、火刑に処せられた“悲劇のヒロイン”の生涯に迫る。

インフォメーション

『聖女 ジャンヌ・ダルク』

【スタッフ】作=ジョージ・バーナード・ショー 翻訳=中川龍一/小田島雄志 演出=鵜山仁
【キャスト】笹本玲奈 ほか

2013年9月
・会場=世田谷パブリックシアター

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4920