「第20回読売演劇大賞」発表 大賞は蜷川幸雄が受賞 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

読売新聞社が主催する「第20回読売演劇大賞」が発表され、大賞および最優秀演出家賞に、蜷川幸雄が選ばれた。

蜷川の大賞受賞は2度目。今回は、対象となった9作品の中から、得意とするシェイクスピア劇2作品の演出に「音楽、美術、照明、あらゆる要素を効果的に網羅する手腕は他を寄せ付けない」と高評価が集まった。

授賞式は、2月27日(水)に帝国ホテルで行われ、正賞のブロンズ像と、大賞には副賞として200万円が、そのほか各賞には100万円が贈呈される。なお、各部門の優秀賞には記念のトロフィーと賞金10万円が贈られる。

そのほかの受賞者・受賞作は以下の通り。

インフォメーション

【第20回読売演劇大賞】

■大賞・最優秀演出家賞
蜷川幸雄(さいたまネクスト・シアター『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』、埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ『シンベリン』の演出)

■作品賞
『NASZA KLASA(ナシャ クラサ)』(文学座アトリエの会)

■男優賞
中村勘九郎(松竹・新橋演舞場『土蜘』の叡山の僧智籌実は土蜘の精役、松竹・コクーン歌舞伎『天日坊』の観音院弟子法策後に天日坊実は清水冠者義高役の演技)

■女優賞
高畑淳子(東宝/コマ・スタジアム『ええから加減』の海野宇多恵役、こまつ座&ホリプロ『組曲虐殺』の佐藤チマ役の演技)

■スタッフ賞
島次郎(文学座アトリエの会『NASZA KLASA(ナシャ クラサ)』、新国立劇場『リチャード三世』の美術)

■杉村春子賞(新人賞)
中村七之助(松竹・平成中村座『於染久松色読販』の油屋娘お染など7役、松竹・コクーン歌舞伎『天日坊』の盗賊人丸お六実は今井四郎娘かけはし役の演技)

■芸術栄誉賞
文学座アトリエの会

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4983