椎名桔平×鈴木勝秀 アトリエ・ダンカン プロデュース『教授』が開幕 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『教授』開幕5 椎名桔平

▲ 椎名桔平

拡大する

『教授』開幕6 前列左から高橋一生、椎名桔平、田中麗奈 後列左から鈴木勝秀(構成・演出)、佐々木喜英、上條恒彦、岡田浩暉、中村中

▲ 前列左から高橋一生、椎名桔平、田中麗奈
後列左から鈴木勝秀(構成・演出)、佐々木喜英、上條恒彦、岡田浩暉、中村中

拡大する

このほかの写真も見る

椎名桔平が主演を務め、鈴木勝秀が構成・演出を手掛ける舞台『教授』。本作の公開舞台稽古が、本日の開幕に先立ち、6日に行われた。

『ベント』『レインマン』『異人たちとの夏』でタッグを組んできた、椎名と鈴木の3年ぶりの舞台となる本作。今回は、五木寛之のエッセイ「わが人生の歌がたり」をベースに、初のオリジナル作品に挑戦した。

安保闘争・労働争議などがわき起こる、高度経済成長期の日本を舞台に、寄生虫研究に没頭する変わり者の教授と、偶然彼の助手を務めることとなった女性の生涯を、当時を彩った流行歌の数々や、五木寛之作詞&中村中作曲の本作オリジナル・イメージソングとともにつづる。

また毎公演の終了後には、中村が日替わりゲストを招き、アフターライブを開催。毎回、昭和歌謡の名曲を取り上げ、曲にまつわるエピソードを紹介しながら歌を披露する。ゲストには、由紀さおり、加藤登紀子をはじめ、ミュージカルで活躍する山崎育三郎や石井一孝、シンガーソングライターの元ちとせ、一青窈、演歌歌手のジェロなど、ベテランから若手まで、さまざまなジャンルのシンガーたちが登場する。

■椎名桔平
3年ぶりの舞台で、演出家の鈴木さんと温めてきた企画です。昭和の歌が散りばめられた舞台でもあります。
(「ノーベル賞の山中教授に負けない教授像が作れましたか?」という問いに)作れたと思います(笑)。寄生虫という変わった分野の研究に一生を捧げた面白いキャラクターになれたと思います。山中教授に負けません! 劇中では、「傘がない」(井上陽水)を口ずさむのですが、かなり練習しました。明日から初日ですが、かなり自信がありますので、ぜひ観にきてください。

■田中麗奈
一日一日をかみしめながら、みんなに支えられアドバイスをいただきながら、開放して楽しんでできました。(「劇中曲で好きな曲は?」という問いに)クライマックスに歌う「グッバイ・Lovesong」です。五木さんが作詞をして、中村さんが作曲をした曲なんですが、すごく良くて、家に帰っても聴いています。

公演は24日(日)まで。東京公演の後、大阪、愛知、石川にて地方公演が行われる。

この記事の写真

  • 『教授』開幕1 田中麗奈(左)と椎名桔平
  • 『教授』開幕2 椎名桔平
  • 『教授』開幕3 田中麗奈(左)と椎名桔平
  • 『教授』開幕4 左から高橋一生、田中麗奈、椎名桔平
  • 『教授』開幕5 椎名桔平
  • 『教授』開幕6 前列左から高橋一生、椎名桔平、田中麗奈 後列左から鈴木勝秀(構成・演出)、佐々木喜英、上條恒彦、岡田浩暉、中村中

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5005