辻仁成が新作「その後のふたり」を朗読劇として上演 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
朗読劇「その後のふたり」キャスト

拡大する

作家・ミュージシャン・映画監督などマルチに活躍し、11年には『醒めながら見る夢』で舞台演出も手掛けた辻仁成。彼の新作小説「その後のふたり」が、朗読劇として上演される。

本作は、現在公開中の辻が脚本・監督・編集を手掛けた同名映画をベースとしたもの。映画版では語られなかったエピソードを収めたもので、別れた10年後に再会した男女が出会い、互いの心情をぶつけ合う姿が赤裸々な言葉でつづられる。

キャストには松岡充、朝海ひかる、中川晃教、岡田浩暉、紫吹淳などが日替わりで登場。作・演出は辻自身が手掛ける。

キャスト出演日程は公式サイトを参照。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5010