EXILEがクリエイター・オーディションを実施 第1弾では脚本家を募集 最優秀者の脚本を堤幸彦監督が映画化 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

歌やダンスはもちろん、テレビ番組や演劇公演、出版など多岐にわたる活動を見せる「EXILE」が、新たに「CREATOR BATTLE AUDITION」と題したオーディションを実施。第1弾として、脚本家を募集している。

最優秀者の作品は堤幸彦監督により映画化。また、本人には賞金500万円が贈られる。最終選考の審査員には、堤のほか、EXILEのリーダー・HIRO、演出家・宮本亜門、劇団EXILEや『テニスの王子様』を手掛けるプロデューサー・松田誠が名を連ねる。

応募資格はプロ・アマ、年齢不問。作品は個人によるもののみ(共同脚本、グループ参加は不可)となっている。応募締め切りは3月31日(日)必着。詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5023