週刊少年ジャンプの伝説的異色作「変態仮面」を福田雄一監督&鈴木亮平主演で映画化 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「HK/変態仮面」1 メインビジュアル

拡大する

このほかの写真も見る

「週刊少年ジャンプ」の伝説の異色作が、福田雄一監督&鈴木亮平主演で映画化。「HK/変態仮面」が、4月より公開される。

原作は、92年から93年にかけて連載された、あんど慶周の「究極!!変態仮面」。ドMの刑事とSM女王様の間に生まれた男子高校生・色丞狂介(しきじょう・きょうすけ)は、ある日、銀行強盗事件に巻き込まれたヒロイン・姫野愛子を助けるため、覆面を被り変装して強盗を倒そうとするが、間違えて女性用パンティーを被ってしまう。その瞬間、経験したことのないエクスタシーを感じた狂介。父と母から受け継いだ“変態の血”が覚醒し、人間の潜在能力が100%引き出された超人“変態仮面”に変身した……。

登場すれば悪人に笑われ、助けた人には逃げられる。それでもパンティーを被ることをやめられない。絶対に賞讃されない異色ヒーローを描いた本作。わずか1年あまりという連載期間にもかかわらず、多くの人びとの記憶に残る伝説的作品だ。映画化に当たり、原作の熱狂的ファンであり、実写化を強く望んでいたという小栗旬が、脚本協力として参加している。

変態仮面こと色丞狂介に扮する鈴木は「“変態仮面”という、日本が誇る“究極のヒーロー”を演じることになり、とても光栄に感じています」とコメント。「一切の妥協を排した変態仮面を」と、アスリート並みの肉体改造を一年以上にわたり行ったという。また、「迫力ある生身のアクションはもちろん、“俺は変態じゃないんだ!”という思春期の悩みに苦しむ少年の心を真摯に演じきりたいと思います」と意気込みを見せている。

ヒロイン・姫野愛子を演じるのは、「仮面ライダー フォーゼ」で注目を集めた清水富美加。そのほか共演には、ムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗、池田成志、塚本高史、岡田義徳、大東駿介と、福田作品でおなじみのメンバーが集結している。

映画は、4月6日(土)より新宿バルト9にて先行公開。4月13日(土)より全国公開。

この記事の写真

  • 映画「HK/変態仮面」1
  • 映画「HK/変態仮面」2 清水富美加(左)と鈴木亮平
  • 映画「HK/変態仮面」3 鈴木亮平
  • 映画「HK/変態仮面」4 清水富美加
  • 映画「HK/変態仮面」5 安田顕

インフォメーション

映画「HK/変態仮面」

【スタッフ】原作:あんど慶周「HENTAI KAMEN」(集英社文庫コミック版刊) 脚本・監督=福田雄一 脚本協力=小栗旬
【キャスト】鈴木亮平/清水富美加/ムロツヨシ/安田顕/佐藤二朗/池田成志/塚本高史/岡田義徳/大東駿介 ほか

4月6日(土)より新宿バルト9にて先行公開
4月13日(土)より全国公開

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5036