歌舞伎座新開場こけら落とし公演の配役変更が発表 助六は市川海老蔵に - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

松竹は21日、歌舞伎座新開場こけら落とし公演に出演予定だった、市川團十郎さんの代役を発表した。

4月の第一部『鶴寿千歳』は、代役を立てず坂田藤十郎ら3人の出演に。第二部『弁天娘女男白浪』の日本駄右衛門は中村吉右衛門が務める。

5月の第一部『三人吉三』の和尚吉三は松本幸四郎が、第三部『石切梶原』の大庭三郎は尾上菊五郎が務める。

6月の第二部『土蜘』の源頼光は吉右衛門に。そして、第三部『助六』は「十二世市川團十郎に捧ぐ」と銘打ち、助六を市川海老蔵が演じることとなった。海老蔵が演じる予定だった福山かつぎは尾上菊之助が務める。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5048