シャイア・ラブーフが舞台『オーファンズ』を降板 ベン・フォスターが代役に決定 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今春、ブロードウェイで開幕する舞台『オーファンズ』に出演予定だったシャイア・ラブーフが降板することとなった。代役を映画「X-MEN: ファイナル ディシジョン」などのベン・フォスターが務める。

本作でブロードウェイ・デビューを飾る予定だったラブーフ。降板の理由は「創造性の不一致」と言われている。

劇作家ライル・ケスラーが83年に発表した同作は、孤児の兄弟と一人の中年男性との不思議な関係を描く三人芝居。『プルーフ/証明』のダニエル・サリヴァン演出のもと、フォスターが荒くれ者の兄トリート役に。そして、弟フィリップ役をトム・スターリッジ、中年男性ハロルド役をアレック・ボールドウィンがそれぞれ担う。公演は、ショーエンフェルド劇場にて、3月19日(火)からプレビューを開始し、4月7日(日)に開幕予定だ。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5050