渡辺淳一の小説「雲の階段」を長谷川博己主演でテレビドラマ化 - 2013年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

長谷川博己が主演を務める連続テレビドラマ「雲の階段(仮)」が、4月より日本テレビ系列にて放送開始となる。

原作は、「遠き落日」「失楽園」「愛の流刑地」などで知られるベストセラー作家・渡辺淳一の同名小説。物語の舞台は、過疎の島で医師不足に悩む診療所。そこで事務員として働いていた相川三郎(長谷川)は、ある日所長の指導の下、医師資格のないままメスを握ることに。それから三郎は、持ち前の手先の器用さとまじめさ、勘の良さとでさまざまな治療を覚え、島の住民から“若先生”として慕われるようになるのだが……。

島の看護師・明子(稲森いずみ)と東京の大病院の令嬢・亜希子(木村文乃)との三角関係を絡めながら、医療現場を題材としたサスペンス・ドラマが描かれる。

ドラマは、4月より毎週水曜22:00放送開始。

インフォメーション

水曜ドラマ
「雲の階段(仮)」

【スタッフ】原作=渡辺淳一「雲の階段」(講談社文庫)
【キャスト】長谷川博己/稲森いずみ/木村文乃/萩原聖人/青柳翔/キムラ緑子/大友康平/内藤剛志 ほか

日本テレビ系列:2013年4月より毎週水曜22:00放送開始

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5062