イケ女(スケ)キャストが織りなす社会派ピンキーバイオレンス 江本純子作・演出『ドブ、ギワギワの女たち』が3月に上演 - 2013年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

江本純子が作・演出を手掛ける舞台『ドブ、ギワギワの女たち』が、3月29日(金)より上演される。

本作は、江本の主宰する劇団「毛皮族」が、08年に上演した『遺骨のトットさん、ドブに落ちる』を過激にパワーアップさせるもの。とある企業の経理部と総務部を舞台に、ドブ際と窓際で体を張って生きる“ギワギワ女”たちが繰り広げる、江本ワールドならではの“社会派ピンキーバイオレンス”だ。

キャストには、小橋めぐみ、矢吹春奈、小泉麻耶、ジヒョンら、“イケメンならぬイケ女(スケ)キャスト”が集結する。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5090