“15禁”の問題作 『マシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」』が7月に上演 - 2013年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

マシュー・ボーンが翻案・演出・振付を手掛ける『マシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」』が、7月にBunkamuraオーチャードホールにて上演される。

オスカー・ワイルドの小説「ドリアン・グレイの肖像」を現代に置き換え、08年に初演された本作。美ぼうの青年ドリアン・グレイが、背徳的な快楽に染まっていく姿を描き、セクシャルな表現も盛り込まれているため、今回の公演では「R15+」の規制が設けられている(15歳未満は保護者の同伴が必要)。

キャストは、日本人が中心となっているが、一部の配役は、初演時に主演を務めたリチャード・ウィンザーらによる「UKプロダクション」と、大貫勇輔ら日本人ダンサーによる「JPプロダクション」という、Wキャストとなっている。

インフォメーション

『マシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」』

【スタッフ】原作=オスカー・ワイルド「ドリアン・グレイの肖像」 翻案・演出・振付=マシュー・ボーン 音楽=テリー・デイヴィス
【キャスト】JPプロダクション:大貫勇輔/丘山晴己 ほか
UKプロダクション:リチャード・ウィンザー/ジョナサン・オリヴィエ/アダム・マスケル
共通キャスト:皆川まゆむ/大野幸人 ほか

2013年7月11日(木)〜15日(月・祝)
・会場=Bunkamuraオーチャードホール
・一般前売=4月13日開始
・料金=全席指定S席10,000円/A席8,000円/B席6,000円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5099