ヨーロッパ企画・上田誠、角田貴志らが手掛ける人形劇「銀河銭湯パンタくん」が4月よりNHK-Eテレで放送開始 - 2013年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「ヨーロッパ企画」の上田誠と角田貴志が、シリーズ構成と脚本をそれぞれ手掛ける人形劇「銀河銭湯パンタくん」が、NHK-Eテレで、4月12日(金)より放送開始となる。

物語の舞台は、地球人と宇宙人が仲良く共存する300年後の2313年の日本。エネルギーやさまざまな資源が少なくなり、人びとは昭和30年代のような質素な暮らしをしているという設定で、主人公の少年・パンタは、昭和38年に創業し350年の歴史を持つ老舗の銭湯「銀河の湯」の一人息子。

銭湯にやって来る宇宙人たちとチーム「パンパンパンツー」を結成し、いろいろな問題解決に勝手に乗り出すパンタたちの姿を通し、楽しく笑って道徳的なテーマを学ぶという小学校低学年向けの人形劇となっている。

番組は、4月12日(金)より毎週金曜9:15〜9:25放送。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5121