新国立劇場シリーズ企画「With-つながる演劇-」制作発表会 - 2013年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
新国立劇場シリーズ企画「With-つながる演劇-」制作発表会1 左からジョン・E・マグラー(『効率学のススメ』演出)、豊原功補、宮本裕子、ソン・ジンチェク(『アジア温泉』演出)、勝村政信、キム・ジンテ、中村蒼、谷村美月、宮田慶子(『つく、きえる』演出)

▲ 左からジョン・E・マグラー、豊原功補、宮本裕子、ソン・ジンチェク、勝村政信、キム・ジンテ、中村蒼、谷村美月、宮田慶子

拡大する

このほかの写真も見る

3月26日、新国立劇場演劇部門のシリーズ企画「With-つながる演劇-」の3作品合同制作発表が行われ、演出家と主要キャストが出席した。

新国立劇場が海外の演劇人とともに新作を送る同シリーズ。4月に英国ウェールズ編『効率学のススメ』、5月に韓国編『アジア温泉』、6月にドイツ編『つく、きえる』の3作品を連続上演する。新国立劇場演劇芸術監督の宮田慶子は「せっかくの国立劇場なので、国内だけでなく海外の優れた作品、それも現代の作品を上演できないかという思いがあった」と話し、「3カ国それぞれナショナル(国立劇場あるいは国立劇団)の芸術監督が演出を手掛けるという、夢のような企画が実現した」と喜びを表した。作家陣とは執筆前に来日してもらって共通の問題意識、テーマを話し合ったと言い、「“今、生まれた舞台”を観ていただけるのでは」と意欲を示した。

第1弾は英国ウェールズ出身の劇作家アラン・ハリスの作、ウェールズの国立劇場芸術監督ジョン・E・マグラー演出による『効率学のススメ』。製薬会社の研究室を舞台に、研究室のリーダーであるイフィー(宮本裕子)と、ビジネス・コンサルタントのケン(豊原功補)の対立を描いた作品だ。小劇場中央にセンターステージをもうけ、360度に客席を設置し、周囲に映像を映し出しながら展開される舞台になるという。

すでに稽古も佳境に入り、出演者も「今まで観たことのない、新しい発見のある演劇になるのではと心躍らせている」(豊原)、「題名を聞くと難しく感じられると思うが、とてもチャーミングな話」(宮本)と熱を込めてコメント。今回の企画に対し演出家は「国際的なコラボレーションはかなりオープンになってきたが、他国の作品を招聘することが多く、それだと他国の社会問題を描いた作品を上演することになる。このように新作で、共有するテーマを描くというのは革命的なこと」とコメントした。

第2弾は、日韓両国で活躍が続く鄭義信の作、2004年に同劇場で『THE OTHER SIDE/線のむこう側』を手掛けた、韓国国立劇団芸術監督ソン・ジンチェクの演出による『アジア温泉』。温泉が湧き出たアジアのとある島を舞台に、リゾート開発のためにやってきたカケル(勝村政信)らと、先祖伝来の土地を守ろうとする島の古老・大地(キム・ジンテ)らの対立を軸に描く。

会見前日には台本の読み合わせがあり、勝村政信は「共演のキム・ジンテさんのせりふを横で聞いたのですが、力強くて素晴らしい。こんなベテランの方とご一緒させていただけるのが本当に光栄」と感想を話した。対するキム・ジンテも、「俳優活動44年になりますが、海外との合同作業というのは初めて。怖い思いもあるが楽しみでもある」と笑顔で話し、演出家も「この作品は、決まりきったものではなく、開かれた演劇、今生きている演劇です。そんなイメージを持っていただければ」とアピールした。同作は6月に韓国公演も行われる。

第3弾は、ドイツの作家ローラント・シンメルプフェニヒによる『つく、きえる』で、演出は宮田慶子。ホテルで働く“眼鏡をかけた若者(中村蒼)”と、彼と携帯電話のメールだけでつながる“自転車を持っている娘(谷村美月)”、“若者”が働くホテルで密会を重ねる3組のカップルの物語だ。シンメルプフェニヒ作品は08年に『昔の女』が同劇場で上演されており、その際に作者が東京を歩いた記憶、及び昨年、福島県沿岸部を訪れた体験が色濃く作品に投影されているという。

出演者は、「不思議な話だけれど、僕が演じる“若者”は、谷村さん演じる“娘”を思う気持ちがとてもシンプル。純粋に恋しているという気持ちを忘れずに、しっかり芯を持って演じていきたい」(中村)、「被災地を訪れてから台本をあらためて読んだら号泣してしまった。こういうことかな、という感覚だけはすごく残っているが、(Withは)“ともに考える”企画なので、あまり自分の中で固めずに作品をつくりあげていけたら」(谷村)と意欲を示した。

この記事の写真

  • 新国立劇場シリーズ企画「With-つながる演劇-」制作発表会1 左からジョン・E・マグラー(『効率学のススメ』演出)、豊原功補、宮本裕子、ソン・ジンチェク(『アジア温泉』演出)、勝村政信、キム・ジンテ、中村蒼、谷村美月、宮田慶子(『つく、きえる』演出)
  • 新国立劇場シリーズ企画「With-つながる演劇-」制作発表会2 左からジョン・E・マグラー(演出)、豊原功補、宮本裕子
  • 新国立劇場シリーズ企画「With-つながる演劇-」制作発表会3 左からソン・ジンチェク(演出)、勝村政信、キム・ジンテ
  • 新国立劇場シリーズ企画「With-つながる演劇-」制作発表会4 左から宮田慶子(演出)、中村蒼、谷村美月

インフォメーション

With −つながる演劇・ウェールズ編−
『効率学のススメ』

【スタッフ】作=アラン・ハリス 翻訳=長島確 演出=ジョン・E・マグラー
【キャスト】豊原功補/宮本裕子/田島優成/渋谷はるか/田島令子/中嶋しゅう

2013年4月9日(火)〜28日(日)
・会場=新国立劇場 小劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定A席5,250円/B席3,150円


With −つながる演劇・韓国編−
『アジア温泉』

【スタッフ】作=鄭義信 演出=ソン・ジンチェク
【キャスト】勝村政信/成河/千葉哲也/梅沢昌代/キム・ジンテ ほか日韓両国俳優

2013年5月10(金)〜26(日)
・会場=新国立劇場 中劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定S席7,350円/A席5,250円/B席3,150円


With −つながる演劇・ドイツ編−
『つく、きえる』

【スタッフ】作=ローラント・シンメルプフェニヒ 翻訳=大塚直 演出=宮田慶子
【キャスト】中村蒼/谷村美月/田中美里/大石継太/松尾諭/津村知与支/枝元萌/河合杏南

2013年6月4日(火)〜23(日)
・会場=新国立劇場 小劇場
・一般前売=4月20日(土)開始
・料金=全席指定A席5,250円/B席3,150円

*シリーズ通し券あり:料金=15,700円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5163