俳優の三國連太郎さんが死去 - 2013年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

俳優の三國連太郎(みくに・れんたろう 本名:佐藤政雄=さとう・まさお)さんが、14日、急性心不全のため都内の病院で死去した。90歳だった。

群馬県出身。1951年に、木下恵介監督の映画「善魔」でデビュー。同作で演じた役名・三國連太郎を芸名とした。高い評価を受けた、65年の映画「飢餓海峡」をはじめ、「ビルマの竪琴」「犬神家の一族」など、数々の映画やテレビドラマ、舞台作品で存在感を発揮した。また、88年からは「釣りバカ日誌」シリーズに出演。釣り好きの社長“スーさん”役で、部下“ハマちゃん”役の西田敏行とコンビを組み、コミカルな演技で親しまれた。

俳優として活躍する一方、86年には映画「親鸞・白い道」で製作・監督を務め、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。

84年に紫綬褒章、93年には勲四等旭日小綬章を受章した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5193