「第40回伊藤熹朔賞」はNODA・MAP『エッグ』の堀尾幸男が受賞 - 2013年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台装置や、衣裳・照明など舞台美術に功績のあった人物に贈られる「第40回伊藤熹朔賞」の受賞者が決定。NODA・MAP『エッグ』の舞台美術を手掛けた堀尾幸男に贈られる。

野田秀樹の演出により上演された同作。「演出家と舞台美術家の化学反応が質の高い舞台表現を作り出している」と評価された。

授賞式は今月23日(火)に俳優座劇場で行われる。受賞者一覧は以下の通り。

インフォメーション

 【第40回伊藤熹朔賞】

■伊藤熹朔賞
堀尾幸男(NODA・MAP『エッグ』の装置に対して)

■新人賞
土岐研一(新国立劇場『負傷者16人』の装置に対して)

■奨励賞
堀容子(OSK日本歌劇団『BLIND ブラインド〜耳なし芳一より〜』、いるかホテル『木曜組曲』、遊気舎『剥製の猿』の装置に対して)

■特別賞
福田明(東京衣裳)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5201