キングコング・西野亮廣脚本の舞台を後藤ひろひとによる演出で再演 - 2013年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

漫才コンビ「キングコング」の西野亮廣が脚本を手掛けた舞台『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』が、8・9月に東京と大阪で上演される。

本作は08年に西野の脚本・演出で上演されたもの。再演となる今回は、演出に後藤ひろひとを迎え、より洗練したものにリメイクするという。後藤は、西野の脚本を「驚いた。これほどまでに私の得意な脚本手法を盗む者がいたとは」と評価しながら、「いいだろう。その脚本を私が演出しよう。しかもあたかも私が書いた作品のように。盗まれた物は盗み返す。それがルールだ」と意気込みを見せている。

舞台は、世界中が注目する“ドーナツ博士”の研究所。博士から留守番を任せられた助手と研究所を取材しようとするローカル局、研究所に忍び込む窃盗団らが織りなすコメディーだ。

キャストには、相葉裕樹、木下美咲、村上純(しずる)、久ヶ沢徹、坂田聡、津村知与支、マンボウやしろと、俳優や芸人たちのほか、大相撲の元横綱で現プロレスラーの曙太郎も加わったバラエティー豊かな顔ぞろえとなっている。

インフォメーション

■大阪公演

2013年9月13日(金)〜15日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5207