水川あさみが舞台初主演に挑戦 “男装の麗人”川島芳子に扮する - 2013年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

水川あさみが、8・9月に新国立劇場 中劇場で上演される舞台『激動−GEKIDO−』で、舞台初主演に挑戦する。

水川が演じるのは、中国・清朝の王女に生まれながらも、戦時中に女スパイとして日本軍に従事したとされる川島芳子。軍服を着て大陸と日本とを往復し“男装の麗人”“東洋のマタ・ハリ”とうたわれた女性だ。

舞台では、激動の時代に翻弄され、戦後には“売国奴”として中国で処刑されるという最期を迎えた、彼女の波乱の生涯を描く。芳子を養子とした、満蒙独立運動家・川島浪速役は別所哲也が担う。

演出には、石丸幹二主演の『ニュー・ブレイン』や『ゴッドスペル』のブロードウェイ・リバイバルを手掛けた、ダニエル・ゴールドスタインを迎える。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5209