小池徹平が宮本亜門演出『メリリー・ウィー・ロール・アロング』でミュージカル初出演 - 2013年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

人気若手俳優の小池徹平が、11月に上演される宮本亜門演出のミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング〜それでも僕らは前へ進む〜』で、ミュージカルに初挑戦する。

本作は、71年のトニー賞受賞作『カンパニー』を手掛けた脚本家ジョージ・ファース&作詞作曲家スティーヴン・ソンドハイムのコンビが81年に発表したブロードウェイ・ミュージカル。現在、ロンドン・ウエストエンドでも上演され好評を博している。

ブロードウェイというショービジネス界を舞台に、ミュージカルのソングライター・コンビだった男性二人と、劇評家の女性との公私にわたるさまざまな出来事を、現在から過去にさかのぼる形で描く。

共演には高橋愛が決定している。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5236