劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』が25周年 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』25周年

拡大する

電通四季劇場[海]にて上演中の劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』が、29日に日本上演25周年を迎えた。

ロンドンで1986年に誕生した同作を、同劇団では88年に初演。以降、全国各地で上演が重ねられ、これまでの総入場者数は610万人以上、通算公演回数は6000回を超える代表作となった。

同日の本編終了後には、特別記念カーテンコールを実施。キャストを代表して、ムッシュー・フィルマン役の青木朗とムッシュー・アンドレ役の増田守人がそれぞれに、「公演を続けることができましたのも、ひとえにお客様の温かいご支援の賜物と、出演者、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです」(青木)、「千秋楽は決定しましたが、最後まで作品の感動をしっかりとお届けするべく、精いっぱい舞台に務めて参ります」(増田)と感謝を述べた。

その後、劇中に登場するナンバー2曲(“プロローグ”“スィンク・オブ・ミー”)の短縮版に続き、キャスト全員で“ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト”を“25周年特別アレンジバージョン”で披露。満席の客席から大きな拍手が送られた。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5239