市村正親主演のミュージカル『スクルージ』が今冬再演 7〜100歳を対象としたキャストオーディションを実施 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

市村正親が主演を務めるミュージカル『スクルージ〜クリスマス・キャロル〜』が、12月に上演される。

19世紀半ばのロンドン。クリスマス・イブの夜。ケチで思いやりのかけらもない男スクルージの前に、7年前に死んだはずの共同経営者マーレイの亡霊が現れる。彼は「今夜、過去、現在、未来の3人のクリスマスの精霊が訪れるが、未来の精霊こそお前の唯一の救いとなろう」と告げる……。

チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」を原作とし、クリスマスシーズンの定番として人気の本作。94年にスクルージ役を務め、以後、95年、97年、99年に主演し好評を博してきた市村が、再びスクルージとして登場する。

また、同公演ではキャストオーディションを実施。7〜100歳と、幅広い年齢のキャストを募集している。演出を手掛ける井上尊晶は「今回、自分の人生を通して、演じ、歌い、踊れる出演者を探しています。経験、年齢は問いません。新しい自分との出会いを求めている人! 参加してください!」とメッセージを送っている。

公演は、赤坂ACTシアター・KAAT 神奈川芸術劇場 ホールにて開催予定。応募締め切りは、5月10日(金)必着。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5245