アミューズ・ミュージカルシアター第1弾公演 Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』が上演中 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中4

拡大する

Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中8

▲ ユン・コンジュ(左)とキム・ドヒョン

拡大する

このほかの写真も見る

アミューズが、アジアの良質な作品を日本に紹介する場として、ミュージカル専用劇場「アミューズ・ミュージカルシアター」をオープン。その第1弾として、韓国・大学路(テハンノ)で2008年に初演されたミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』が来日公演中だ。

同作は、韓国ミュージカルアワード2冠に輝いた若手演出家ソン・ジェジュンが演出を、NYで活躍する作曲家キム・ヘヨンが音楽を手掛けた、男女二人のラブコメディー。カフェのマネージャー兼バリスタのセジンとソムリエ・ジミンは、カフェの黒板を介して知り合い、最初は反発し合うも、次第に惹かれ出す。セジンのことが気になるジミンは、“ジョンミン”という偽名で客になりすまし、彼女の前に姿を現し……。

今回の日本公演には、5日までの前半はユン・コンジュ(『ラ・マンチャの男』『シカゴ』)&キム・ドヒョン(『シャーロックホームズ』『光海(カンヘ)—王になった男』)、6日からの後半はク・ウォンヨン(『ゾロ・ザ・ミュージカル』『風月主』)&イ・ス(『あなたの初恋探します』『冬のソナタ』)という、韓国ミュージカル界の実力派4名が参加。前半では、キュートな魅力あふれるコンジュと、コミカルな演技が光るドヒョンが、共に抜群の歌唱力で、ポップス、ボサノバ、ラテン、ジャズなどが散りばめられた楽曲の数々を披露している。

初日直前に行われたプレスコールでの主なコメントは以下の通り。

■ユン・コンジュ セジン役
韓国から来たミュージカル俳優のユン・コンジュです。皆さんにお目にかかれてうれしく思っています。出演者二人だけで、この大きな舞台や客席を埋めるのは大変ですが、逆に二人だけで2時間近いお芝居を引っ張っていく時に呼吸がピッタリ合ったりすると、どんな作品よりもうれしさや感動が大きく、やりがいがあります。誰でも共感できる“愛”というものを扱っている、とてもかわいらしい作品です。日本でも、どなたが観ても共感できるはず。そういう作品で皆さんの前に立てるというのは喜びですし、私は07年にも一度、日本の舞台を踏んでいるので、再び立てることをうれしく思っています。

■キム・ドヒョン ジミン/ジョンミン役
韓国でストレートプレイとミュージカルの両方をやっています、キム・ドヒョンです。(一人二役を演じることについて)実は付け歯をしているジミンというもう一つの姿があるので、3役を演じているとも言えます。ただ今回は、ジミンが本来の姿でいる時と、変装している姿の変化に焦点を絞り、その差を出すことに集中しました。僕は06年に一度、日本で舞台に立っているんですが、もっと重いテーマの作品だったので、作品の力で持たせられる部分がありました。でも今回はコメディーなので、前回より言葉の問題をより感じて心配で。でもプレスコールを観た皆さんがとてもいい反応を見せてくださり、うれしく思っております。作品に誠実に取り組み、日本の皆さんにいい姿をお見せできるように頑張ります。

なお、同劇場では今後も、『シングルス〜29歳のクリスマス』(5・6月)、『風月主』(6・7月)、『兄弟は勇敢だった!?』(7〜9月)、『恋の駆け引きの誕生』(9月)、『あなたの初恋探します。』(10月)、『クリスマスイブの手紙』(11月)ほか、年間で8〜10作品を上演する予定だ。

この記事の写真

  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中1
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中2
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中3
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中4
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中5
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中6
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中7
  • Kミュージカル『カフェ・イン〜愛は偽り?!〜』上演中8

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5243