寺山修司の未発表戯曲が「群像」6月号に掲載 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

7日に発売された講談社の文芸誌「群像」に、今年没後30年を迎えた寺山修司の未発表戯曲『青い種子は太陽のなかにある』が掲載されている。

これは、07年に死去した舞台監督・田中好道の事務所に保管されていたもので、次男の英世が遺品を整理する中で見つけたものだという。

ある政治家が、浮浪者のためにガス水道完備のアパートをスラム街近くの公園に建てようと計画。しかし、建設現場で事故死した労働者の遺体を、関係者が隠匿するのを工員の一人が目撃してしまい……。男女のすれ違いやスラム街住人のドタバタなど、「天井棧敷」結成以前の20代の寺山が描く、反体制的な思想の萌芽を秘めた先駆的ミュージカルだ。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5253