市川海老蔵主演×三池崇史監督 映画「真四谷怪談」が制作決定 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

市川海老蔵主演、三池崇史監督による映画「真四谷怪談」の制作が決定した。

11年に「カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に正式出品され注目を集めた「一命」を送り出したタッグが次に挑む題材は、鶴屋南北の歌舞伎狂言『東海道四谷怪談』。“日本三大怪談”の一つにも数えられ、これまでに何度も映画化されてきた題材だが、本作では、物語の舞台は現代へ大胆にアレンジ。

舞台『真四谷怪談』で、民谷伊右衛門とお岩を演じることになった男女二人をめぐる愛憎と怨念が、現実世界と劇中劇を交錯させながら描かれるという。海老蔵は、主人公の長谷川浩介と民谷伊右衛門の二役に挑戦する。

映画は、14年全国ロードショーを予定。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5267