劇団つきかげが旗揚げ 「ガラスの仮面」の劇中劇『女海賊ビアンカ』舞台化で主演女優オーディションを実施 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

美内すずえの人気少女漫画「ガラスの仮面」に登場する劇団「つきかげ」が、実際に旗揚げされることに。同作の劇中劇『女海賊ビアンカ』を、美内監修のもと舞台化する。そして、この公演に向け、主演女優オーディションが実施される。

経験は不問で、「平凡でもこの役にすべてを賭け激しく一途な生き方を演じられる方」としている。年齢は、12〜15歳(幼少期)と、16歳〜29歳(成長期)が対象。

『女海賊ビアンカ』は、主人公の北島マヤが、高校の学園祭の時に体育倉庫で演じた一人芝居だが、今回の公演では、主演女優だけでなく、そのほかのキャストも募集しており、同時にワークショップオーディションも実施される。

公演は11月下旬を予定。応募締め切りは、主演女優オーディションが6月7日(金)必着。ワークショップオーディションは、6月10日(月)必着。そのほかの詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5276