舞台『小野寺の弟・小野寺の姉』にユースケ・サンタマリアが出演決定 - 2013年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
舞台『小野寺の弟・小野寺の姉』ユースケ・サンタマリア

▲ ユースケ・サンタマリア

拡大する

片桐はいり&向井理ら出演、西田征史原作・脚本・演出の舞台『小野寺の弟・小野寺の姉』のキャストに、ユースケ・サンタマリアが新たに加わる。

本作は、テレビドラマ「妖怪人間ベム」「怪物くん」や、テレビアニメ「TIGER&BUNNY」などのヒット作を手掛ける西田征史の同名小説を舞台化したもの。不器用ながらも互いを思いやる小野寺姉弟と、二人を取り巻く人びとが織り成すハートフル・コメディーだ。

ユースケは、片桐&向井が演じる小野寺姉弟が暮らす家を舞台に映画を撮りたいとやってくる映画監督を演じる。木南晴夏、野村周平、平田敦子、片桐仁、山内圭哉ら個性派キャストとの共演にも注目だ。

なお、東京公演では、7月15日(月・祝)18:00開演と、24日(水)14:00開演の追加公演が決定している。

■ユースケ・サンタマリア コメント
片桐さん、向井くんとはバラエティー番組でご一緒したことはあるのですが、お芝居の仕事は初めてなので、この舞台で共演できるのはとてもうれしいです。片桐さんはインパクトのすごい女優さんで、飛び道具みたいな役からオーソドックスな役まで全部できてしまうすごい人。向井くんは今の時代にすごくあった男前で、僕が先輩風を吹かすのもなんですが、本当にすてきな役者さんだと思っています。その二人が実の姉弟役だなんて、もうその時点でつかみはバッチリですよね!
そして、僕としては今回、これまでやっていそうでやっていなかった役柄なんですよ。小野寺家で映画を撮影することになる監督役で、少し気弱でインテリジェンスな感じ。僕も以前はちょっとドジな新入社員みたいな役が多かったけど、最近はシリアスな役が続いていて。そろそろまたハジけたいという思いもありつつ、かといってあまり浮世離れしたバカみたいなのもイヤだったので、そういう意味でも今回はちょうどいい役どころなんじゃないかと思っています。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5297