ブロードウェイの現役パフォーマーによるワークショップが今夏開催 - 2013年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『RENT』など、ブロードウェイの舞台で活躍したマユミ・アンドウが代表を務める「ブロードウェイ・イン・ジャパン(以下BIJ)」が設立。今夏、ブロードウェイ出身講師のみで構成された短期集中ワークショップを開催する。

同ワークショップでは、ブロードウェイで活躍する現役パフォーマーを日本に招聘。ミュージカル・ダンス界のプロ、あるいはプロを目指すパフォーマーを対象にダンス・歌・演技など、パフォーミングアーツすべての分野にかんする集中講座を行う。

8月に行われる第1回には、イオアナ・アルフォンソ(『ウィキッド』『9時から5時まで』オリジナルキャスト)、ミシェル・カマヤ(『ライオンキング』『スィング!』)、マーカス・ポール・ジェームズ(『RENT』『イン・ザ・ハイツ』、東宝新演出版『RENT』演出助手)が来日。現在ポピュラーなスタイルやテクニックをいち早く学ぶことができる。

さらに、俳優の辛源が、BIJとパートナーシップを組み同ワークショップ参加者(希望者)を対象に、国際舞台を念頭においた講習会を計画中だ。プログラムは、海外でのオーディション方法やノウハウ、ビザ取得講座についてなどのほか、無料英会話講座までも含めた内容を予定しているという。

第1回目は、「ファーストインテンシブ」(8月5〜7日)と、「セカンドインテンシブ」(8月9〜11日)の各3日間、都内・ノアスタジオにて開催。そのほか、申し込みやプログラムの詳細などについては、公式サイトを参照。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5320