tptが新たな拠点「演劇工場 近泉ピット」を立ち上げ 第1弾公演『ダンシング アット ルーナサ』が23日より開幕 - 2013年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

tpt(シアター・プロジェクト・東京)が、江東区・隅田川近くに新たな劇空間「演劇工場 近泉ピット」を開設。かつての拠点ベニサン・ピットと同様、劇場の形式を持たない元裁断・縫製工場跡を利用し、拠点としてさまざまな活動を行なっていく。

そして、近泉ピットでの第1弾公演『ダンシング アット ルーナサ』が、23日(日)よりスタートする。同作は、アイルランドの劇作家ブライアン・フリールが執筆し、90年に初演された戯曲。アイルランドの片田舎に暮らす5人姉妹の姿を描き、ローレンス・オリヴィエ賞やトニー賞を獲得するなど高い評価を受けた。

インフォメーション

tpt84
『ダンシング アット ルーナサ』

【スタッフ】作=ブライアン・フルール 翻訳=常田景子 演出=亘理裕子 振付=福麻むつ美
【キャスト】武田優子/梅村綾子/蓮見のりこ/浜田えり子/平田愛咲/廣畑達也/遠藤典史/中川香果

2013年6月23日(日)〜30日(日)
・会場=近泉ピット(東京都江東区新大橋1-12-11 近泉ビル)
・チケット発売中
・料金=全席自由 一般5,000円/学生3,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5338