蘭寿とむ主演 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』が開幕 - 2013年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 1 下段左から明日海りお、蘭寿とむ、蘭乃はな、小林裕幸(カプコン)、上段左から桜咲彩花、望海風斗、華形ひかる、春風弥里

▲ 下段左から明日海りお、蘭寿とむ、蘭乃はな、小林裕幸(カプコン)、上段左から桜咲彩花、望海風斗、華形ひかる、春風弥里

拡大する

宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 2 蘭寿とむ(左)と蘭乃はな

▲ 蘭寿とむ(左)と蘭乃はな

拡大する

このほかの写真も見る

カプコンのヒットゲーム「戦国BASARA」を、宝塚歌劇団花組が初ミュージカル化。初日を前にした14日に、公開舞台稽古が行われた。

原作は、戦国時代を舞台にしながら、史実にとらわれない大胆なアレンジを施したキャラクター設定などで人気のアクションゲーム。今回の宝塚歌劇版では真田幸村にスポットを当て、蘭寿とむ扮する幸村が、一人の武将として葛藤し成長する姿を、オリジナルキャラクターのヒロイン・いのりとの恋模様を織り交ぜながら描く。

明日海りお演じる上杉謙信をはじめ、武田信玄(華形ひかる)、猿飛佐助(望海風斗)、伊達政宗(春風弥里)ら、人気武将たちも登場。巨大なLEDパネルを駆使し、キャラクターたちが必殺技を繰り出す派手なバトルを迫力満点に見せる演出も見どころだ。

稽古後の囲み会見にカプコンの小林裕幸プロデューサーも登壇。「この舞台ならではのコラボレーションができている。戦国時代ですが、宝塚らしい華があって、これまでの舞台版とは違う新しいものができあがっている。実際にお客さんに観てもらえるのが、僕も楽しみです」と、手応えを表した。

蘭寿は「人気ゲームの舞台で演じさせてもらえることは本当に光栄。熱血漢の心と、宝塚ならではのラブロマンスの部分もお見せできたらと、全員でつくり上げてきました。バワー全開で皆さんにお届けできたらと思います」と、意気込みを語った。

ヒロイン・いのりを演じる蘭乃はなは「私の役は幸村を思い続ける役ですので、心を大切に公演してまいりたいと思います」、幸村のライバル謙信役の明日海は「原作ゲーム、宝塚歌劇のファンの期待を裏切ることのないように、努力してまいりたいと思います」と、それぞれに気持ちを引き締めていた。

小林も「大変そう」とコメントするのが衣裳。蘭寿は「再現率の高い衣裳でかなり重く、立ち回りでさばくのが大変」と話しながらも「もっと筋力を付けたい。政宗の6本の刀とのやり取りもありますので、そこも見どころにしていただけたら」とアピールした。

また、劇中では、謙信と部下のくノ一・かすがのやり取りでバラが舞い散るという、原作でもおなじみの演出が再現される。明日海が「客席から拍手をいただいたので、やはり、ファンの方には“これぞ!”という場面なんだなと感じました。(かすが役の桜咲彩花と)二人でその空間を楽しんで、宝塚感を打ち出していきたいと思います」とコメントすると、小林は「念願のシーン。ゲームを作った時に、宝塚を意識していた演出だったので、まさか本物にやってもらえるとは」と、喜びを表していた。

公演は7月1日(月)まで。

この記事の写真

  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 1 下段左から明日海りお、蘭寿とむ、蘭乃はな、小林裕幸(カプコン)、上段左から桜咲彩花、望海風斗、華形ひかる、春風弥里
  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 2 蘭寿とむ(左)と蘭乃はな
  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 3 明日海りお(左)と桜咲彩花
  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 4 蘭寿とむ(左)と華形ひかる
  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 5 蘭寿とむ(左)と望海風斗
  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 6 春風弥里(左)と蘭寿とむ
  • 宝塚歌劇花組『戦国BASARA−真田幸村編−』開幕 7 左から明日海りお、蘭寿とむ、蘭乃はな

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5352