浅丘ルリ子&上川隆也のW主演でテネシー・ウィリアムズ作『渇いた太陽』を上演 - 2013年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
舞台『渇いた太陽』浅丘ルリ子(左)と上川隆也

▲ 浅丘ルリ子(左)と上川隆也

拡大する

浅丘ルリ子&上川隆也のW主演で送る舞台『渇いた太陽』が、今冬、シアタークリエにて上演される。

本作は、テネシー・ウィリアムズが59年に書き下ろした戯曲『Sweet Bird of Youth(青春の甘き小鳥)』。若さと美ぼうが衰え人気を失った大女優アレクサンドラと、彼女を利用しハリウッドで名声を得ようとする野心的な青年チャンス。そして、彼らを取り巻く人びとが織り成す愛憎劇だ。62年には「渇いた太陽」として、ポール・ニューマン、ジェラルディン・ペイジらの出演により映画化された。

現在、ロンドン・ウエストエンドでもキム・キャトラル(ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」)の主演で上演されている。

演出は深作健太が担当。共演には、貴城けい、川久保拓司、内田亜希子、俊藤光利、渡辺哲らが名を連ねる。

インフォメーション

『渇いた太陽』〜Sweet Bird of Youth〜

【スタッフ】作=テネシー・ウィリアムズ 演出=深作健太
【キャスト】浅丘ルリ子/上川隆也/貴城けい/川久保拓司/内田亜希子/俊藤光利/渡辺哲 ほか

2013年12月21日(土)〜29日(日)
・会場=シアタークリエ
・一般前売=8月31日(土)開始
・料金=全席指定9,000円

THEATRE1010(11月22〜24日)ほか、全国ツアー公演を予定

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5358