新生「東京パフォーマンスドール」が始動 CBGKシブゲキ!!で1年間にわたるパフォーマンス公演を実施 - 2013年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

篠原涼子らを輩出したガールズグループ「東京パフォーマンスドール(TPD)」が、17年ぶりにメンバーを一新して復活する。

90年にデビューしたTPDは、篠原や穴井夕子、市井由理などを輩出し人気を博したが、96年のライブを最後に活動を休止させていた。

このたび、オーディション参加者8800人の中から選ばれた新たなメンバーで新生TPDが始動。リーダーの高嶋菜七をはじめ、美波沙南、小林晏夕、上西星来、浜崎香帆、神宮沙紀、橘二葉、脇あかり、櫻井紗季、飯田桜子という、平均年齢15歳の10名で構成されている。

彼女たちは今後、CBGKシブゲキ!!で、歌・ダンス・芝居で構成されたパフォーマンス公演『1×0(ワンバイゼロ)』を1年間にわたり行う。公演には、「オリジナルテンポ」のウォーリー木下をはじめ、登米裕一、横山拓也といったメンバーが携わる。

また公演では、メガネのように装着するディスプレイ装置「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」の実証実験も実施。公演では、周囲の景色を確認しながら、ディスプレイ上の映像を同時に見られる“シースルーHMD”を使用し、映像とライブパフォーマンスを融合させた新たな演出も行われるようだ。

インフォメーション

東京パフォーマンスドール
PLAY×LIVE『1×0(ワンバイゼロ)』エピソード1

【スタッフ】作=ウォーリー木下/登米裕一/横山拓也 演出=ウォーリー木下
【キャスト】東京パフォーマンスドール/竹下宏太郎

2013年8月15日(木)〜18日(日)
・会場=CBGKシブゲキ!!
・一般前売=7月7日(日)開始
・料金=全席指定 一般4,800円/小・中・高校生(ぴあ前売のみ、身分証明、枚数限定)3,500円/日本初のHMDシート4,800円(ぴあ・イープラス前売のみ、限定枚数)

以降、エピソード2(8月22日〜25日)、エピソード3(10月11日〜14日)、エピソード4(11月21日〜24日)、エピソード5(12月20日〜25日)を予定

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5369